Just another WordPress site

会社設立に適切な贈り物

会社設立に際する適切な贈り物に関して調査する

日本の生活の中には、季節毎に行う習慣などがあります。贈り物を贈る習慣については、季節を感じる事もできますが、お世話になった印として、仕事にも関連のある内容になる事があります。

会社設立の場面においても、贈り物を渡す事があります。個人的なお付き合いの中で渡す場合もあれば、仕事関連で渡す場合もあります。それぞれの立場によって、内容が違ってくる事がありますので、いくつかの場面を取り上げながら、適切な行為になる様に参照してみます。

基本的には、会社設立の場合、何か事業を始めるという意味合いをもっている場面を想定します。会社設立をお祝いする場面として、例えば、個人事務所を立ち上げるなどはよくある場面です。税理士事務所を設立したり、個人事務所を設立する場合があります。この様な場面では、贈り物として、胡蝶蘭などが頻繁にやり取りされています。

胡蝶蘭については、幸福を呼ぶ、といった花ことばなどもありますので、お祝い事には非常に適しているといえます。胡蝶蘭は、店舗開店の場合であってもよく使用される鉢でもあります。事務所等を含む商売などの場面では、鉢物は『根付く』という意味合いからも、最適なお祝い品になります。水遣りの手間なども余り掛からず、花粉などの飛散がないため、周囲の人にも華やかな印象を与える品物になります。会社設立の贈り物として、胡蝶蘭はよく使用され、枝1本あたりが1万円相場ともいわれています。見た目の美しさ、金額的にも高価なものとして広く認知されています。胡蝶蘭の他にも、観葉植物などを贈る事もできます。唯、観葉植物の場合には、会社や事務所内のスペースなども考慮しておく必要があります。大きなものだと、人の背丈を越えるものもあります。加えて、水遣りなどの手間が生じる植物などもありますので、十分に見極めながら利用する必要があります。

会社や事務所が比較的小さい場合には、アレンジした美しい花々を贈る事もできます。金額によって、大きさ、その他を見繕ってくれますので、花屋さんに相談してみてください。会社設立などのお祝いの場面では、華やぎのあるものが好まれます。しかし、付き合いの程度を考えると、自ずと贈り物に対する金額なども決定されてきます。個人的な付き合い程度であれば、1万円位の品物、会社など仕事先として、今後の付き合いも含めるのであれば、3万円位の品物になります。贈る相手に金額は見えるものではありませんが、ある程度分別をもって贈る事が望まれます。

会社設立に際して、親しい間柄での贈り物のやり取りであれば、実際に何が一番役立つかなど、受け取る相手に尋ねてみるのも一つの方法です。社内の雰囲気作りに、絵画がほしい場合などもあります。付き合いの度合いに応じて、贈り物を考える様にしてみてください。