Just another WordPress site

会社設立時にお花を贈る

会社設立時にお花を贈る際に知っておくと良い事について

何かお祝い事があると、お花やお酒を贈るのは日本人はもちろん海外でも行われる万国共通の習慣です。

特に大切な取引先や親しい方が会社設立を行った際は、お祝いの気持ちを込めて日本では縁起を担いで何かを贈るのが一般的です。例えばお酒の場合は、会社設立をした年のワインなどを贈る事もあります。

またお花や植物を贈るのも一般的です。その理由は、その地域や業界に「根付く」という意味を込めて鉢植えを贈るのが良いとされているからです。しかし贈り物をする際に、「赤字」を連想する赤色の花や贈り物はあまり良くないので注意する事が大切です。会社設立時に贈るお花は、受け取る相手側が飾るであろうスペースに配慮して贈る事が大切です。会社設立時は、ただでさえ忙しい時期なので相手に迷惑をかけない事が大切です。贈るお花の価格の相場は大体2万円程度が一般的です。しかし通常は会社の部署や課で贈る事が多いです。その場合は、1人3千円から5千円程度の予算で見積もる事が多いです。

また会社を設立した際によく贈られるのが「胡蝶蘭」です。「胡蝶蘭」の花言葉が「幸福が飛んでくる」という意味で新しい会社をスタートする際の贈り物に向いています。また価格も2万円程度の「胡蝶蘭」だと、とても立派なものを贈れます。「胡蝶蘭」などを贈る際はそのまま贈るのではなく、木札を付けて贈ります。木札にはお祝いの言葉と送り主を書きます。これは誰が贈ったかを分かりやすくするためです。一般的な木札は、「祝」や「御祝」を表書きとして送り手の会社名・肩書き・名前をいれます。

また最近では一緒にメッセージカードを付ける事もあります。メッセージカードのお祝いの言葉は、相手の喜びを共に祝うつもりで心のこもった言葉を贈るのが一般的です。例えば「新たなご出発、心からお祝い申し上げます。」といったような言葉です。またよくある挨拶の言葉や相手を気遣うような言葉は省略します。会社設立時のお祝いのお花を贈る時期は、会社を設立し営業を始めて少し時間が経ってからが良いとされています。また会社設立の祝いのイベント等を行う際は、そのイベントの前日に届くように贈る事をお勧めします。贈る時に注意しなければならないのが、営業日以外に贈る事は避ける必要があるという事です。お花は生きているので、一番良い状態で相手側に届くよう配慮する事が大切です。

最近ではお花もインターネットで簡単に贈る事が出来ます。購入サイトの中には、注文から配送まで状況確認のメールを入れてくれるようなサイトもあります。せっかくのお祝い事なので、注文や配送でミスが無いように気を付ける事が大切です。